7月24日 ぶどうのカタ取り

雨が明けたらピーカンの夏!

7月24日の大池ワインの誘引あらため、ぶどうのかたを取り除いていく作業日もとてもいいお天気でした。

よいワインをつくるために、ぶどうの糖度をあげます。そのために予めぶどうの房を間引きしていきます。

1つの枝に2房にするために、余計な房をはさみで切り落としていきます。

最初はこんなに大ききなっているににいいの?とおっかなびっくりでしたが、みなさん慣れ出すと作業もスピードがでてきます。それでも夏の野外ですので、汗だくです。機械でできる作業ではないので、人海戦術。ぶどうを育てるのは大変です。

10時から約90分の作業で、ワイナリー前の圃場を完了させることができました。

 

商品についてなどメールフォームか電話でお問い合わせください。

TEL&FAX

0263-55-6100

(電話受付時間:平日10:00〜17:00)